共にの大事さ

何事も、ウイッグでの練習から。

そして、実際に人で実践を積んでいく。

7年前はまけん矯正を知り、初めてチャレンジさせてもらったのは、

長年のお客様でもあり、お友達の有香ちゃん。

初のモデルでのはまけん矯正の写真です。

面がしで始める前、自宅にて。

もちろんシャンプー台はなく、狭いお風呂場のシャワーで流したり、

御協力頂いたことに、本当に感謝でした。

あれから今に至る有香ちゃんとの大事な時間。

東京在住で、名古屋でのお仕事だったり、帰省だったりのタイミングで施術。

5月の緊急事態宣言解除後のことを今描かせてもらっています。

顔だしオッケーで全然いいよ~と言うことで。

お久しぶりな感じですが、何とかなっています。

元々も、フェイスラインとバックの髪質がかなり違っていた有香ちゃん。

めくると…

実は、面がしでの頃、乳ガンが見つかり治療に入るから、

ウイッグに合わせてカットして欲しいと。

あらゆる全ての治療に挑んだ。

途中経過を見せに寄ってくれたり、

そして、約束の日の記事。

大事な約束の日

美容師として、人として、大事なことを考えることができたのかもしれません。

スッキリ綺麗に。

知的で素敵な女性なのが伝わりますよね!

自分に正直に楽しんでいる姿には、刺激もうけるし、ホットします。

一級建築士として、想いを大事にしているお仕事ぶり。

見えないからいいという訳ではない。

妥協をしないプライドは流石です!

有香ちゃんのホームページはこちら↓

http://custard-arch.com/about.html

抗がん剤治療後の髪はとてもデリケートです。

ご病気された方々は髪だけではなく、心もデリケートなのです。

有香ちゃんから経験させていただいたこと、

今、S様から経験させていただいていることを、

無駄にすることなく社会貢献へ繋げていきたいと思います。

今現在、髪で悩んでいる方、

これから治療に入る方、

いつかは自分もかも、

そんな時に髪に対しての不安が少しでも無くなり、

ストレスなく安心して治療に専念できるようなれたらいいなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加