KAEDEを始める原点

休日の月曜日、私の縮毛矯正の師匠のお店へ行ってきました。

3~4年前くらいでしょうか、師匠の少人数での技術講習会に参加して、

その感動から、もっと知りたい、その技術身につけたい!

そんな思いから、ズーズーしく、自分のお休みに行ける日はお邪魔しては

学ばせてもらいました。

image

このゆるやかな坂道を、暑い日も寒い日もテクテク・・・

image

ちょうど紅葉も綺麗で、また新たな感動にわくわくしながら。

長年通ってみえる矯正のお客様がご来店され、もちろん邪魔にならぬよう、

でも、しっかり見える位置へ場所をちょこちょこ変え(笑)

「今日は二人で乾かすから早いぞ~!」ってお客様におっしゃり、

よし!一緒に乾かしていいってことだ!

って解釈し(笑)、今回のひとつの目的である感触は、

ここで感じとることができるからです。

ドライから、軽くスケルトンブローに入ります。

2本を何気にワゴンの上に置いて下さり、

よし!ブローもやっていいってこと!?(笑)

そして、アイロンの熱の入れ方を魅入ってました。

もちろん、薬剤も機材も大事なアイテムです。

でも、一番大事なのは、薬液つけての髪の反応とのキャッチボール、

アイロン入れての熱の入り方、手の感覚だと改めて感じています。

収穫のある楽しい休日でした。

image

そしてサンプル頂き、よりシンプルにより結果よく。

このシルカシステム、ある中アイロンを惜しげもなく教えて下さる師匠に感謝です。

癖毛で美容師である私が感動し、癖毛で悩む方に少しでも喜んでもらいたい、

伝えたい、そんな思いから、KAEDEを始めて1年やってこれました。

きっと、無謀だ、小ばかにしていた人もいるでしょう。

いいんです。遠回りして色んなこと見て感じて来たことが、自分の財産。

ますます美容師としての喜び、楽しさがある毎日。

素敵なお客様方が、足を運んで下さる。

そんなお客様を、より素敵に笑顔にさせていただく仕事を続けていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)