定番になったショートボブのストデジ

美容院からのお帰りも、

次にご来店いただいたその日も、

私にとってもお客様にとっても大事に思います。

ショートボブなヘアスタイルの最近は、

4ヶ月周期のストデジ 、

カラーは2ヶ月周期になってるI様。

「ストデジ の日だから、見てもらおうと思って、

何にもしてないで〜す(笑)」

間で一度少しカットしていますが、

これはこれでありなヘアスタイルで、

くせ毛を忘れているI様と私(笑)

3週間前にカラーと前髪カットして、次の日お仕事へ。

「前髪チョッキンコしたんだね〜!」

さすが保育士さん方(笑)

「で、かけたよね?」

「ん?かけてない」

からのやりとり、説明で、

3ヶ月前のストデジ がステキに生かされていることに、

不思議でたまらない保育士さん方(笑)

だったそうです。

そして、4ヶ月経った今回、カットしてストデジ 。

仕上がりイメージして、頭の中で展開図を描き、

長さ設定、施術の履歴から薬剤塗り分け、

アイロンでデジパーとの繋がりをいかに自然にするか、

などなど、脳みそフル回転、手の感触、感覚に集中。

ポイントポイントではお話し聞きながら、

半分流しながら(笑)、時にはお話ストップな集中。

保育士としての在り方、プロ魂を感じるI様だからこそ、

私の仕事にもご理解いただいている優しさが伝わってきます。

前髪と襟足はアイロンで自然な丸みを狙い。

新生毛アイロン、

デジ巻きたいところは状態見てアイロンの加減をかえて、

その後巻いてます。

毛先1回転半いかない巻き込み、

ロットが落ちてきやすいので、

今回はサイド一本目一つ細くして、

その分スライス幅を少し厚め。

その方のオーダーメイドな一発勝負な手仕事。

くせ毛の方が美容室行って、

こんな感じに…

無理ですよって言われた経験あるあるですよね…

I様のドライのみのこの仕上がり、

私もチャレンジさせていただいてここまできました。

ワックスでスタイリングしたら、

もっと束感出たりします。

前髪、眉でない位で…

なんて言っていたことあるあるですよね。

はい、この通り、眉上、アシメ、

眼鏡かけててもパット生き生き瞳が引き立つ。

この春から社会人になった息子から、

15年ほどは前であろう母の写真を見て、

「今があか抜けてるよ!!!」

って言ってくれたらしいのです。

その頃私がI様と出逢っていてもこの技術はできませんでした。

はまけん矯正を知った6年位前でも、

このクオリティーのストデジはできませんでした。

この薬剤を作って下さったはまけん師匠と出逢えたこと、

こうやってチャレンジさせて下さった顧客様方がいらっしゃること、

コツコツと積み上げてきました。

お客様ゼロ、収入ゼロ、からの無謀なスタートでしたから。

そして今、こうやって美容師続けてこれています。

だれもが限られた時間、人生、輝いてて欲しいお手伝い。

[お知らせ]

来年2020年12月までのご予約がうまっております。

お問い合わせいただく2021年のご予約開始は、もうしばらくお待ち下さい。

顧客様の髪を責任もって担当させていただきたいので、

ご新規様のご予約はお受けしておりません。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

髪に悩み、お問い合わせもいただき、

お気持ちは十分にお察しいたします。

オープンが決まりました松澤さんのサロン、

美容空間ARCE(アルセ)、11月下旬オープン予定です。

スペイン語でカエデがアルセとのことで、

松澤さんのお気持ちが伝わってきます。

矯正に関して、私自身が全力でサポートさせていただきますので、

ご新規様ご予約は美容空間ARCEへよろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)