感動するということ

長年、癖毛に悩み、矯正を続けてきたお客様だからこそ

感動が大きいのかもしれません。

8ヶ月前に、ご紹介でご来店いただいて以来、

遠くてもカラーも毎月ご来店下さいます。

4ヶ月周期の矯正。毎月のカラー。

細く柔らかく強い癖毛。パサパサ切れ毛の8ヶ月前。

周りにはクレオパトラと言われ(笑)

今日も、「楽チン乾かすだけ~」

って笑顔でご来店下さいました。

image

切れずに髪がしっかりしてきたのを感じていただいています。

image

つむじがパックリ割れ、特にこのトップが細く

8ヶ月前は切れていました。

image

この細く柔らかい癖をのばして、かつ、ペタンコにしない、

普通に自然に見せてあげたいですよね。

今回、私が矯正させていただくのは3回目。

今回も、既矯正部分も微還元してピンピン矯正にはしません。

アイロンしながら、うとうとどころか、カックンカックン。

違った緊張感でのある中アイロンでした(笑)

それだけ、安心していただいていることと解釈して(笑)

香草カラーリタッチして、毛先トナーで少し落ち着かせました。

image

スッキリ、でも柔らかく伸びた髪。

image

トップの細く切れていた部分もここまできました。

毛先はこれくらい丸く入ります。

髪を触りながら、

「かる~い!さらさら~!やわらか~い!つや~!・・・」

沢山の言葉が飛んでました。

「トリートメントしてもこんなになったことも無い、

矯正やればやるほど傷んでた。なんでここはこうなるの?」

「ん?、このシルカシリーズの薬液と技術ですかね~(笑)」

こうやってお客様が喜んで下さる、少しでも悩みストレスから解放される。

そして、次へのステップへ頑張ってみようと思って下さる。

「時間がある時、巻いてみたいんだけど・・・!」

image

「はい、このカットラインなのでこの方向で巻いてみて下さい。」

image

髪で印象が、表情が、毎日が変わります。

より素敵に過ごしていただける、

そんな仕事を続けていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)