はまけん矯正保存会ボチボチと。

定休日、はまけん師匠へ

大阪の桃源郷の武田さんからのお預かり物をお届けに!

はまけん矯正保存会のお気持ちをお届けに。

皆様、はまけん師匠より「ありがとう」ってお言葉いただいてます。

倒れられる前、はまけん師匠のSIRUKA矯正のパッケージ。

これを復刻して下さったのが武田さん。

[ハマケン印のローズちゃん]

[ハマケン印のはっぴー.らっきー]

はまけん矯正は、この薬剤に

お馴染みのハマケンコント。

はま粉、けん粉は水でとかして作り、あとコントレックス。

どのメーカーさんもあれやこれやと高いお値段の中間処理材。

はまけん矯正を知り、私自身も現場で納得。

傷んだら治らないのだから、

髪は死滅細胞なのだから、

目の前にいらっしゃるお客様の髪を判断し

変化を見極め技術に集中するのみ。

在庫抱える、コストかかる、そなことないはまけん矯正。

三本のアイロンの使い分け。

そして、Do-sシャントリ。

トリートメントは流さなくていいトリートメント

としてもお使い下さい。

ミニボトルに入れて洗面台にどうぞ(笑)。

はまけん矯正にはやはり相性がいい!

去年から、お客様の髪で気になる状態の方がチラホラ…

べたっとしてきてたり、妙に髪が重かったり、

乾きが悪くなったり、

扱いにくい髪になってる…

数名のかたに何を使っているかお聞きしたところ、

ボ○○○○、ヒ○○○、でした。

シャンプーの目的は汚れをしっかり落とすこと。

あれやこれやと入っていては洗えてないは、髪に残留していくはで、

やはり頭皮にも髪にもよろしくない。

20代東京のサロンで働いていた時、

ある有名力士が断髪式される前に矯正されるとのことでご来店。

私がシャンプーさせていただくことに。

専用のシャンプーもってきてくださっていたので、

それで洗ったのですが、施術する側の美容師としては、

やはり髪にまだ瓶つけ油残っている…

目で先輩に合図をし、これで…とスポイド渡された。

何となく想像つきましたが、台所用洗剤でした。

薬剤の浸透の邪魔をする物をとるためです。

今の傾向として、

ダメージ毛対応の重く仕上がるシャンプートリートメントが

出回っているのでしょうか。

ホームカラーが出回って、ビビリ毛が多くなってしまった数年前。

今度はシャンプートリートメントに気を付けなければいけないなと

感じているこの頃です。

午後からお客様入っていたので、

長居はできずですがアドバイスはいただき。

転勤で博多へ行かれ、日帰りでご来店下さっていたT様。

この春からは、地元である関東へ転勤。

それでもKAEDEへ来てくださることに、感謝です。

なぜ来てくださるのか。

「今がいい状態だから、またひどい状態になるのが怖い…」

っておっしゃってました。

心身ともに綺麗になれるのがサロンだと思うのです。

半年に一度のストデジ。

細心の注意で精一杯の施術をさせていただきました。

色んな情報が入る時代、

選ぶのは美容師もお客様もそれぞれ。

信じた道を進んだら今がありました。

☆お知らせ

顧客様の髪を責任もって施術させていただきたいので、

引き続きご新規様のご予約はお受けしておりません。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

お陰様で、来年2020年12月末日までのご予約がうまりました。

沢山のお客様のご予約、ご来店に感謝いたします。

一旦、ご予約を2020年12月でストップさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)