大事な髪だから

2年前、とても悲しい状態からの出会いのお客様。

カウンセリング後、ビビリ修正。

その時の私の精一杯の施術。

処理剤は使わず、薬剤での微還元してのアイロン処理のみ。

髪は死滅細胞。

何をしても元には戻らない。

それから2年前のお約束。

2ヶ月半周期でのリタッチカラー&矯正。

ホームケアはDO-Sシャントリ。

またああはならないか・・・

不安だった心も、今は大丈夫になりました。

痛まない薬剤はありません。

薬剤を使わないと施術はできません。

少しでも薬剤着くとこんな風に赤くなってしまいます。

薬剤流す時は手袋しますが、シャンプーから素手にします。

お見苦しいですが、こうなっていきます。

マニュアルだけではない、

髪をさわっての手の感覚を大事に思う。

薬剤残っていないか、髪の状態はどうか・・・

丁寧にドライして残す水分量を目で確かめ。

アイロン一発勝負。

髪の状態によって圧を手で調節し、目で確かめる。

この薬液だから、処理剤使うから、

大丈夫失敗は無いなんてありません。

髪は減点法で必ずダメージ受けます。

癖毛ではありますが、その方の髪を大事にお手入れしやすく、

より素敵にしてあげたいと思います。

例えば、愛犬ぼたんの歯石取りを先日お願いし、

先生はグラグラになってきている歯も大事に残してくれました。

抜いときましたって言われる先生もいるかもしれない。

そのうち抜けてしまうかもしれない。

でも、ぼたんのもってる大事な歯を大事にして下さった。

改めて、私達美容師の技術もそうでありたいと、

私は感じました。

髪は変化していきます。

毎回同じではない、担当させていただいているお客様方の髪を

出来る限り綺麗に維持していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)