柔らかシルカ矯正の良さ

色んな考えがあり、色んな仕上がりの好みがあり、

技術やる美容師側も、お客様側も、好みを選ばれるのだと思います。

私は、変わらず、はまけん師匠のシルカ矯正の柔らかさが好みです。

そして、デザインの幅が広がります。

矯正のボブやショートは無理、おかしい・・・

なんてことをシルカ矯正とある中アイロン技術で可能に。

タイミングが合わず、いつもより矯正の周期がずれてしまいましたが。

頭の形、はえ癖、それぞれですね。

先にカットします。

後頭部が外人さんみたいに綺麗なラインの方。

ボブにするには、髪の落ちる位置、乾いた時のバランスを

計算にいれてカットです。

薬液塗りわけていつものこんな状態。

ジェル状の薬液なので垂れやすくもあり、

こんな感じで雑誌読んだり、うとうとしても安心。

私自身、肌が弱く、薬液つくと赤くなってしまいます。

お客様の中でも弱い方いらっしゃいますし、少しでも回避。

あと、新生毛の薬液と、既矯正部分との薬液の塗りわけの為。

いつものようにシンプルに、でも丁寧に繊細に。

シルカ矯正&ある中アイロンの良さが一番わかるボブスタイルでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)