ひと手間の大事さ

あっという間に2月を迎えました。

毎日素敵なお客様のご来店に感謝致します。

疑問に思うこと、気づき、何とかしたい、どうしたら・・・

考えることでよりよいものができたり、引き出しが増えたり。

美容師の仕事って、常にお客様の髪を目の前に毎回考えるのです。

同じ既製品ではない。全てその方にとってのオーダーメイド。

髪の状態も変化して行く。それを見極め、その時の最善策を考え、

より素敵に笑顔になってお帰りいただく。

だから楽しい、やりがいもあります。

KAEDEで矯正される方は、薬液塗布後はこんな感じになっています。

image

新生毛に塗布した薬液が他につかないように、

薬液の重みで地肌につかないように、

下を見たりうとうとして薬液がたれないように。

いろんなことにメリットが!

薄すぎたり、薬液吸ったり、重すぎてはダメ。

コストかかりすぎてもダメ。

2年くらいなりますが、やっぱりこれなんです(笑)

お正月に実家へ帰り母に内職をお願いし、

ダンボールイッパイに届きました(笑)

image

あけてビックリ、このマメさ。

そして見て聞いて更にビックリ。

image

そのまま入れたらバラバラになる。

上と下にダンボール。

同じ大きさだと角がつぶれるから、ダンボールを少し大きく。

なるほど~!って関心してしまいました(笑)

そしてもうひとつの内職(笑)

使い捨てのフェイスガーゼはボックステッシュみたいに出てきます。

image

これでは角が邪魔なので、おでこの丸みにあわせて切ります。

image

グロスや口紅を考えると、半分の大きさでちょうど良い。

全て現場で色んなパターン経験から。

ひと手間かかることかもしれません。

でも、私はそれがいいかなって思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)