ロング縮毛矯正

ネットで見つけて下さり、ご新規のお客様です。

長年、同じ美容室で矯正されていたので、パッと見、

この長さで綺麗に保たれていました。

コメントでは、ビビリが少しでもよくなればということでした。

襟足、サイド確にでした。

細く弱い部分、ビビリになりやすい部分ではあります。

4ヶ月前に矯正。

image

細かくざらっとした癖です。

image

フェイスライン、細く柔らかく。

「私もフェイスラインは同じ感じの毛質ですよ~、ほらっ」

って、お客様のお気持ちもわかります(笑)

私の場合は、年齢と共にの細さを感じますが・・(笑)

ノンカラーですが、パワー最小限にいきます。

新生毛シルカ(S),ビビリ部分のみハマサキ(S)で少し修正できたらな・・・

あとの全体は、けんジェルで保護しながら質感アップします。

DOーSシャンプー、ハマケンコントでドライ。

新生毛180度アイロン、毛先はガーゼ付きで。

仕上げに5cmほどカットして

image

質感いい感じに。

imageimage

細い髪質だと、シルカ(S)で十分にのびました。

鏡に映るお客様見ながら、髪を動かしてみると、

やはりナチュラルなカールがお似合いなのを一緒に感じます。

まだ先ですが、状態安心になったらデジいきましょうか!

って楽しみ、目標ができました。

ツルツルピカピカ硬いロングがお好きな人もいらっしゃると思います。

私自身が癖毛なのですが、自然な質感で普通な感じに見える矯正、

次にヘアチェンジ可能にしてあげれるシルカシステムがやっぱり好きです。

もちろん、癖毛を伸ばせる技術は凄いことなんです。

でも、美容師として、その方がより素敵に見えるヘアスタイルのバランス提案。

そのために、パーマや矯正が必要であるのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)