ある中アイロンでペタンコならず

1年前から担当させていただいているお客様。

一緒に、「やっとここまできましたね!」って、

あっという間のような・・・長かったような・・・

細く柔らかい髪、ご本人様、「ブチブチ切れていくのが怖かったからね。」

って思い出話になりました。

3ヶ月周期で矯正させていただいたこの一年、

私も毎回慎重に、そしてお客様も丁寧にドライしていただいて。

image

今回、お仕事が忙しく、4ヶ月ぶりですが、いい状態です。

image

かなり癖は強いです。

image

フェイスラインサイド特に、細く柔らかく、毎回集中です。

短く細い産毛も大事に馴染ませます。

まず、結べる長さでカットして、薬液塗り分けます。

新生毛シルカ(S),フェイスラインはハマサキ(H)。

もう一度毛先はハマサキ(H),微還元して自然に丸くします。

細く毛量も少ない髪、ペタンコピンピンではスタイルになりませんから。

お客様が一番違いをわかっていただけているので、嬉しいです。

DO-Sシャンプー、ハマケンコントでドライ。

ノンテンション、ある中アイロンで、はえ癖、角度考えながら、丁寧に。

image

初めは不思議だったのも、もう見慣れたものですよね(笑)。

2液でしっかり酸化。炭酸でダメージになるものを流します。

ハマケンコント、ハマケントリートメントでドライ。

imageimage

「乾かして梳くと、内に入ってくれるの!」

って言っていただける、地道なアイロン技術の結果、違い。

image

美魔女さん達のフェイスライン、かなり細く変化します。

髪の余力を残して、次へ繋げていくよう、

そして、ヘアスタイルとして楽しみをもっていただけるよう、

毎回慎重に丁寧な技術でやっていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)