矯正とカラーの関係

ビビリ毛修正させていただいたお客様のお姉ちゃんが、

遠くからご来店下さいました。

さすが姉妹!とっても可愛い姉妹。

髪の太さ、毛量は違いますが、お二人とも癖毛。

今回、カラーのご予約でした。

オシャレもしたいお年頃。

少し前に流行りました、毛先を明るく2トーンカラー。

なんと、矯正毛にブリーチで。。。

矯正、デジに、ブリーチはNGですからね。

本当に髪を考えている美容師さんなら、結果お話して却下します。

image

案の定、ブチブチ断毛です。

所々、ビビリ毛です。

3ヶ月前に黒染めしたけどぬけてきたし全体明るくご希望。

できるかぎりカラーで対応しますが、

もともとのダメージに黒染め、薬液の反応がまばらにでて、

ムラになりやすいこと。

黒染めのあと、赤味は残りやすいこと。

ブリーチとカラーの壊すパワーが違うから、その境目のラインは消えないこと。

などなど、説明させていただき、施術スタートです。

image

新生毛4cmほどあけて、黒染めしたであろう部分に塗布。

反応見ながら、離れられません。

新生毛塗布、反応早いです。ほとんど時間おかずOK!

ハマケンコントの海藻パック馴染ませてドライ。

軽く柔らか仕上がり。

image

前髪ピンピンぱっつんが、なんだか馴染まない・・・

毛先少し軽くさせてもらい、カーラー一個。

ボリュームがないのも気にしているから、後ろから2つに割って

前にもってきてカーラー2個で巻ける量。

3個でこの仕上がり。

image

ちょっとのことで、ひと手間で変わるでしょ!

鏡にうつる笑顔がより可愛く。

癖を伸ばすことしか今まで考えてなかったから・・・

っておっしゃってました。

もちろん、癖はのばして、より自然に綺麗な髪に。

そして、ご希望お話しながら、より可愛くしてあげたいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)