ギリギリの根折れ修正

ご新規の大学生のお客様、寒い中、遠くから原付で来て下さいました。

いつも行かれているお店で、3週間前に矯正、伸びてなくてやり直し、

その結果、ピンピンに伸びているところと、また伸びてなかった部分のムラ。

私がまず気になったのは、根折れ。

image

ご本人様の気になるのが、その根折れと、前髪の内側の伸びきれてないうねり。

image

短期間での矯正2回。

矯正周期は、3ヶ月以内というくらいですから、美容師さんくせ毛の方はわかりますよね?

確かに、短期間での矯正、髪にもお財布にもやさしくないです。

厳しいのは3週間、根折れ直しできるかな〜のギリギリの伸び具合。

冷たさで赤い顔、涙目。「無理ですか~・・・?」

どうにかしてあげたい気持ちはイッパイです。

頭のハチ上の修正することにして、薬液塗り分けていきます。

アイロンも、根折れ部分慎重に、そして不自然な毛先はある中アイロンで軽く土管。

中学生から矯正されているのですが、今までのと違うのは感じたみたいです。

根折れ、伸ばしきれない、ビビリ毛、プチ講習会、さすがに現役大学生、すぐに理解。

もちろん、難しいことは説明しません?できません?(笑)

でも、簡単に考えてなるほどな!ってことかもしれません。

さて、ドライしてみて確認。

imageimage

根折れもなんとか自然になって、髪の柔らかさもでました。

自然にすること、傷ませたくないから弱い薬液?ってことではないです。

髪と自分の知識、経験とキャッチボールしながら、

より理想へ憧れへ近づけてあげたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)