次へつなげる技術

癖毛が悩みで、でも、矯正でより悲しい思いをされたお客様も多いのです。

初めは、メールでのお問い合わせでのやりとりからでした。

それから、初めてご来店下さったのは6ヶ月前です。

ビビリ毛、根折れ、過去に悲しく辛いご経験がおあり・・・

ストデジご希望で、初回にストデジさせていただきました。

image

初めてのことで、カールを出すのに少しずつ慣れていただいたみたいです。

その3ヵ月後、デジをもう少し生かしたいので、

毛先にカールが残るくらいカットしてリタッチ矯正。

image

そして、3ヶ月後の今回「何もしないできました~!」

image

やはり、毛先はダメージ増してきますが、まとまっています。

カールをしっかり出すなら、デジパーですが、

カウンセリングさせていただき、

今回は矯正で質感重視で、できる限り内巻きになるように。

imageimage

カラーリタッチします。

カラーしてからの矯正は仕上がりが、大体1トーン上がります。

その計算もしてカラーの調合と塗り方考えます。

今回、5cmほどカットさせていただきました。

矯正の薬液塗りわけます。

毛先までアイロンして、今回は、アニオンロット巻きました。

image

ドボンカール(笑)

先にロット部分に2液しっかり、シャンプー台で全体にたっぷり。

さて、ドライ!カールがしっかりでたらラッキー。

軽く内に入るくらいにはなります。

前髪は昔からカーラー巻くのが日課だそうで、

それなら、毛先もついでに巻いてみて下さい!

image

短時間でもこんなにカール。

imageimage

すっきり綺麗に伸びて、自然ですよね!

デジパーも華やかさもあって一度やったし満足(笑)

でもピンピン矯正はいや。

そんなお客様も多いです。

薬品、熱、使えばダメージあるに決まっています。

でも、一緒にお話してより理想へ、より楽しく、笑顔へ繋げていきたいと思います。

シルカシステムの薬品、ある中アイロン、

特に矯正歴長いお客様達は、違いがすぐにお分かりです。

やわらかさ、つや、質感、癖毛の私が一番感動した技術、

癖毛で悩む方に美容師である私ができること、

伝えていけたらな、より素敵にさせていただけたらな!って思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)