縮毛矯正のカラーの重要性

4ヶ月前、初めてご来店いただいた時、全体ビビリ修正。

その時で髪の余力はもう限界。

お客様曰く、いつもビビッて酷いところは自分でカットしていたそうです。

縮毛矯正されている髪に対してのカラーはホントに重要なんです。

大型チェーン店でのカラーのチケットで周期的にカラー。

KAEDEへご来店後、2回カラーされ・・・

トーン落とすのに全体カラー。

はい、アウトです。

ご本人さんもさすがにヤバイと思われたみたいですが、振り出しにもどりました。

いや、それ以上にさすがに修正不可能に。

このお客様のように細い毛、ましてやビビリ修正してるのに、

アルカリカラーでのトーンダウン、無理なコーミング、絶対ダメですからね。

それを美容師がやったということは、わかってないからできるのでしょうね・・・

imageimage

矯正とカラーのご希望です。

新生毛の矯正、それ以外は修正不可能なので、これ以上酷くならないように

還元剤つけてのビビリ修正ではなく、保護していくしかないのです。

カラーは、香草カラーでさせていただきます。

よく、美魔女さんたちのカラーで、白髪がキラキラ光ってきてってお聞きします。

アルカリカラーでの明るめのお色だと、退色してくるとそうなりやすいです。

香草カラーは退色してきてもそんな退色の仕方はしません。

矯正からスタートです。今回薬の塗りわけもですが、

それ以上に、薬を塗る位置を慎重にです。

新生毛以外の部分に還元剤ついたら一瞬で切れそうな状態。

アイロンも力抜いてある中アイロン。

根元リタッチ。全体が暗くなり過ぎないように、最後、トナーで色味を少し加えて。

imageimage

少し髪を強化したので、次のカラーの時にもメンテナンスして、

キレイな髪への2年がかりのスタートです。

大変な髪の状態になって、調べてKAEDEを見つけて下さり、

ご来店下さるお客様が多いですが、

ホントはそうなる前に食い止めたいのです。

修正不可能になっては、ご本人さんはホントに辛く悲しいはずです。

自分の髪に不安を感じてる方、美容室選びのヒントになっていただければと、

こうやって何かを発信していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)