技術の進化

着実に髪の変化に、肌の変化に、自分の体力に・・・

色んなことが変わって行ってることを感じている方は多いはずです。

美魔女さん世代のお客様が多いKAEDE。

縮毛矯正、パーマ、カラー、薬品を使うからには必ず原点法でダメージを受けます。

ダメージをいかにおさえ、次につなげ、キレイな髪を保つか、

そのつど最善を考えます。

4ヶ月前初めてご来店いただき、縮毛矯正させていただいています。

その時のオーダーは、いつも矯正すると硬く滝のような仕上がりになるのが嫌。

前回、シルカシリーズの柔らかさ軽さを感じていただけたようです。

image

写真ではわかりにくいですが、ザラザラしたビビリのような癖なんです。

今回、リタッチ矯正です。既矯正部分は保護してキレイを保ちます。

image

スッキリのびました。

その時の必要なことを!

フェイスラインは、癖毛の人にとってとても重要なんです。

ご本人さんも髪が細くボリュームがなくなってきていることを気にされ、

ボリュームがでる?シャンプーを使われているようです。

image

はえ癖も強く、細く、矯正をしているけどしてないように自然に見せる。

薬の塗りわけ、髪の細さ、はえ癖を見ての細かいアイロンの方向性。

手間のかかることかもしれません。

でも、これからは、癖をただ伸ばすだけの縮毛矯正ではなく、

その方がよりお手入れ楽で自然で、いかに次へつなげていくか、

薬品知識、アイロン技術、たくさんの引き出しが必要になってきている時代です。

長年矯正されているお客様のほうが、感じ始めている時代でもあるかもですね。

アイロンやってる時はかなり集中してるので、お客様にも

「チョット無言になりますね(笑)」ってお断りし(笑)

他は、なんでもありなので話も弾み。

帰り際、「丁寧にやってくれてありがとう、イッパイ話せてすっきりした!」

って言って下さいました。

来たときより笑顔でお帰りいただく、そんな仕事をしていきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)