いかに髪の余力を残すか

こちらのお客様も、親子でご来店いただいている素敵な美魔女さん!

2ヶ月半前に、矯正して、カラーしています。

imageimage

今回はカラーです。

仲良しオシャレさんな親子、こんな感じの明るい色とか!!!

って親子会議して、ご相談して下さいました。

ん~もちろん却下です(笑)

画像の写真で見る限り12トーン。

白髪は、その明るさではカバーできません・・・

一番は、髪に負担かけることになります。

次に矯正のときビビリ毛になる可能性も高くなります。

そんな危険なこと、髪が傷むことは、お客様のご希望願いとはいえ、

叶えてあげることはできません。

でも、少しずつ調合を変えて行き、今より明るくしていくように進めていきます。

imageimage

前回カラーして2ヵ月後の今のトーンの調合で、リタッチで馴染ませました。

次回は、また調合変えて、徐々にです。

次に矯正する時は、こんな感じのスタイルに!ってご希望があります。

それは、ハイかしこまりました!です(笑)

「今回はカットして揃えてもらおうかな~」

っておっしゃったので、「2週間後矯正されるならそんな変わらないですし、

カット料金かかるし、矯正の時でいいんじゃないですか~?」

ってお答えしたら、お客様は大笑いされてました。

商売???のために、いやだな~って現場もみてきました。

KAEDEを始めて、美容師として職人として、人として、

こうやってお客様と向き合える、

そんな毎日に感謝です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)