共に楽しみに!

知り合いの美容師さんのご紹介で、

昨年11月から担当させていただいているお客様。

縮毛矯正歴も長く、美容室でのカラーの合間に、2週間周期のホームカラー。

サイド、トップはトロ毛、スカスカバサバサの状態でした。

合間にカラーカットでご来店いただいていますが、矯正は7ヶ月ぶりです。

「矯正のかけ方が違う、自分の髪が扱いやすくなってきているのがわかる。」

っておっしゃっていただき、嬉しく思いました。

癖にコンプレックス、確かに最初伸びてればいいとおっしゃってました。。。

が、このお客様には、面長なお顔立ち、ピンピン矯正より丸みが欲しいんです。

ご提案をしながら、望みをもってくれていたようです。

「年内にはカールつけれる?」って嬉しそうに聞いてこられました。

「毛先、次に切り落とせそうなのでできそうです!」って答えると、

嬉しそうに頑張る!っておっしゃってくれました。

決して特別なことをお願いしているわけでもなく、共に髪の余力を残せるよう

努力しているだけなんです。

ホームカラーを極力控えてもらうことくらいです(笑)

imageimage

見ての通り、間でホームカラーなのでこんな感じです。

ベースが違えば薬液の選択も、塗りわけも、アイロンの圧のかけかたも違います。

どう違うのか、KAEDEへご来店いただいたお客様は納得だと思います。

フロントの感じは、ご本人さんのこだわりがおありなので、そのように。

カット、矯正、香草カラーの順番です。

image

人間、年齢と共に色んなことが変化して行きます。

昔、何気ない母との会話の中で、髪の毛と歯は大事!って言ってたのを

今でも覚えています。

幅広い年齢層のお客様の髪を担当させてもらい、

改めて、そうだな~って感じるこの頃です。

癖毛のベースの髪を普通に自然にみせること、

あとひと手間で、動きやオシャレに可愛く見せる。

薬品を使うってことは、確実に髪はダメージを受けます。

それでも、できるかぎりいい状態で保てる美容師でありたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)