キャッチボール

昨年11月、他店パーマでビビリ毛になり、すぐに調べ、

ご来店下さったお客様。

その後は毎月カラーリタッチでお越し下さり、矯正したことないくらい癖はひどくなく、

自然な感じにビビリ修正させていただき、保たれています。

今日は、少しトーンを落とそうかな・・・

でも痛まないか心配・・・

不安があって当たり前です。ビビリ毛経験者ですから。

毎月の髪の状態、色の抜け具合見ながら、実は少しずつリタッチ部分の調合を

暗くして行ってました。

色の出方、ぬけ方、人それぞれなんです。

同じ調合でたとえリタッチのみでされていたとしても、このお客様の場合、

逆グラデーションになっていくでしょう。

それを見極め、この髪質、ロング、をいかにきれいに見せるか。

美容師が考えることだと思います。

ましてや修正した髪、まだ伸ばしていきたい。

出来る限り髪に負担なくキレイを保ってあげたいものです。

半年させていただいていたことが、良かったんだ!って嬉しく思う言葉をいただきました。

「使ってるクリップが、スルッて落ちちゃう。きっと前は傷んで引っかかって

止まってたんだ、髪がきれいになったんだって思います。」って。

カウンセリングで説明させていただき、少し色を落ち着かせます。

まずは、不安を取り除いてあげることだと。

リタッチ部分はアルカリカラー。

トーンダウンには、香草カラープラスちょっと一味加え。

そろそろビビリ修正した部分も手触り悪くなり始める頃、いい感じになりました!

imageimage

ドライのみで、こんな感じの自然さ。

ご自分の多少の癖とも自然につながり、色も落ち着きました。

いつも痛んで伸ばせなかったから伸ばしたい!

そのお手伝い開始です(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)