謎解き

縮毛矯正ご予約の新規のお客様の場合、ほとんどの方が大変な髪の状態。

余裕もってお時間とらせていただきそのお客様と髪と

向き合うお仕事をさせていただいています。

今日もネットで見つけて下さり、遠くからご来店下さいました。

2年前にトロ毛になり悲しい経験・・・

それから矯正をやめ、でもおさまらず、自然になるよう普通のストレートを勧められ・・・

とんでもない!お手入れ大変に・・・

カットカラーもまめに。でもこれがまた大変。根元からどんどん削いでいくカット!?

image

まだ5mmしか伸びていないんですが、カラーもしたいとご希望。

最近は草木染?ですよね?黒髪が確実にトーンアップしていますが・・・

ある程度お聞きして、カラーリタッチ、矯正の順番でスタートし、

お話をすればするほど、技術を進めていけばいくほど???

トロ毛になってご自分なりに調べ、とても理解されていました。

「痛んで死んでいるからトリートメントしましょう、一週間でももちますよ」

「死んだら蘇りませんよね?」

「アルカリを除去して弱酸性に戻しましょう」

「草木染ですよね?その中にアルカリ剤が入っているか混ぜているってことですよね?」

美容師じゃなくてもご理解いただけますよね?

そんなこんなで追加料金メニュー。ちょっとな~って思います。

毛さきはストレートのなごりでカリカリバサバサはよくあるパターン。

でも根元付近からこれは・・・?何となく謎が解けてきました(笑)

なんともおさまらないから、毎日グイグイ引っ張ってブロー。

絶壁を気にされ、真っ直ぐがいや。ご希望にできる限りお答えしたい。

髪の状態にかなり左右されます。

まず、ドライしただけをお客様に見て触ってもらいます。

お家に帰られてその髪を扱うのはご本人さんですから。

それからあとひと手間をそのお客様に合わせて教えます。

image

自然なおさまり、絶壁をカバーできたこと、お客様は喜んで下さいました。

今までにないとおっしゃっていただきましたが、メンテナンスしながら、

かならずもっとキレイな髪、素敵なヘアスタイル目指します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)